最安値宣言!

HAL探偵社

昔はどうあれ、現在は探偵と興信所のちがいは名前だけです。調査と報告が業務で

最安値宣言!
HAL探偵社

 

探偵と興信所のちがいは今はほとんどありません

昔はどうあれ、現在は探偵と興信所のちがいは名前だけです。

調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりないです。

もし依頼するのが浮気調査などであれば、特に気にすることはないですし、裁判の証拠として差が出るりゆうでもありません。

と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、調査スタッフや会社により変わってくるでしょうから、契約前に掌握しておきたいものです。

この頃はついうっかりスマホを放置して、不倫が露見するといったケースも増えてきました。

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、SNS履歴やメール、フリーメールあたりにパートナーの浮気の一部、ないしすべてが秘匿されていると考えられます。

いつも手基においていたり、ロックして見せてくれない時は、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーといっても良いのではないでしょうか。

最近は興信所も探偵も、取り扱い業務はちがいがありません。いっしょによく扱うのは、離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、浮気の証拠が不可欠です。

自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止にきっと役に立つはずです。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。

しかし、もしバレても、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題ではクビにするというのはできないようです。

ただし、採用時の契約書や就業規則の掲さいにある、「秩序および風紀を撹乱する怖れ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処分といえるほどのものはなく終わることが多いようです。

スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。

これは浮気しているなと思いました。もしかして元カノかと、携帯の履歴を見ようとしたのですが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、なんの情報も得られませんでした。泥沼は嫌なので、これは興信所を頼むべきだと考えたのですが、主婦のへそくりもないので、いまだに踏ん切りがつきません。

不倫の結果として生まれた子供でも認知請求する事が出来、一般的には子供の母親から父親に対しておこなわれます。

戸籍上の親の欄に名前が掲さいされ、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。

親子関係では非常に重要な手つづきとなります。認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判にまで発展するケースもあります。子供ができないうちに浮気を辞めてもらわなければ長期的に見てまあまあの不利益を被る危険性があります。

探偵・興信所のGPS尾行や追跡

尾行で探偵必携の道具というと、以前は発信機でしたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、かつての発信機と違って追跡性能が向上しました。

最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ対象車両の所在はすぐ分かるようになっているのです。

GPS を取り付ける事が出来れば追尾調査の精確性は大いに向上します。探偵の尾行で興信所を利用するなら、平均的な料金はあらかじめ調べておきたいものです。

割高な請求を顧客の悩みに便乗して行なうところだってないりゆうではありませんから注意が必要です。

それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、諸経費やレンタル料などを請求したり、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、しっかり確認させてもらうようにしましょう。

不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気を辞めさせることに成功しても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。休日に家族と過ごす時間が減ったり、メールや着信履歴などで浮気が再燃したことがわかるりゆうです。

要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが厳しさに欠けたことも要因なので、次はないということを実感させるような厳しい措置が不可欠です。

これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、浮気相手といっしょにホテルに入る場面につきるでしょう。

個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、証拠としては使えないレベルだという事が少なくありません。証拠として認められる品質のものを撮影しなければ意味がないので、最初から興信所などを手配したほうが賢明でしょう。

ある浮気調査(不倫の証拠をとるまで)

私28歳、夫36歳。

小2と幼稚園の子供がいます。

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

しかし先週、両方の家族同士で話し合った末、最終的に離婚という結論が出ました。

幼い子ども立ちは、これからシングルマザーの私が育てるりゆうです。

簡単なことではないでしょう。

感情的にはもやもやが残りますが、間に弁護士を挟んで、不倫の当事者立ちに慰謝料と養育費の請求を行ない、公正証書という形でのこしました。

 

SNSでの浮気発覚が増えています

近年SNSの利用者が急増しているせいか、それが元で不倫が判明することが増えているのも、当然かもしれませんね。

配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新しているときは、浮気相手と連絡をとっている可能性が高いです。

配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料といえるかもしれませんね。パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。

ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、気付かれるような可能性はほとんどないと思っていいでしょう。

また、意外なところでは、調査を依頼したことで緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手のガードがかたくなり、上手に証拠を押さえられないこともあります。

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、いつ持と同じように生活するようにしましょう。どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、格安価格を売り物にしたり、探偵の尾行なら一律幾らなどと謳う業者も増加する傾向にあります。

ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もないりゆうではないので、契約する前に、そういった疑問点を解消し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけましょう。

探偵・興信所の無料相談は匿名?

初めて探偵社に相談するときは、ちょっと気がひけますよね。

個人情報を伝えるのが怖いというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれるところも多いですから、そういったシステムを利用し、良指そうな事業者であれば、あらためて個人情報を伝えるといいでしょう。

配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。

探偵の調査業務にかかる料金は、浮気調査を例にとると、20万円(4万円で5日間)程度が必要です。費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、どのような調査を依頼する際でも50万から60万くらい用意しておくと不足はないと思います。探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

どんなところが高い技量をもつかというと、企業としての規模によるところも大きいでしょう。

広いエリアで加盟会社や協力会社をもつ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。

大手業者はしごとの品質を維持向上させるため、調査員は持ちろん内勤の相談員などの育成に時間と費用を充分にかけていて、それはしごとの成果に大きく影響してくるのではないでしょうか。

ほんの出来心であろうと、不倫の対価は安くは済まないでしょう。

とはいえ浮気された側がどういった態度に出るかで大きな差が出てくるとは思いますが、結果的に離婚せざるを得なくなったり、慰藉料を請求されることだってあります。不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的にも社会的にも代償を支払い、今後の生活を送ることになります。

浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。

実際、浮気をするのは男だけではないでしょう。同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出会いのチャンスはたくさんありますし、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

 

興信所に探偵の尾行を依頼?

 

近年、浮気する女性の数が伸びてきているせいか、男性が興信所に探偵の尾行を依頼するケースが増えているようです。

配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをはっきり伝えることが重要です。

たとえば、別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかをあきらかにしておかなければなりません。

何を目標にするかによって調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるりゆうですから、大切なことです。

探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、調査相手の居住地に近い業者に限定すれば探偵の数も絞れます。

地域のことをよく知っていれば、しごとを有利に進められますし、克明な報告を得る事が出来るでしょう。それに依頼する内容や諸条件によって得意なこととそうでないこととがありますし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で問い合わせてみるのをお薦めします。

探偵社の数は多いですが、どれでも良いりゆうではありません。前もって企業情報や利用者の評価などを調べることは欠かせません。

評価が芳しくない探偵では、不当に高い料金を請求してきたり、手抜き調査や報告書製作エラーなども見られます。

少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、法外な代金をとられることはありませんし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。嘘を言うときには人はカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。

それに、ちょっと聞いただけでズラズラと話しすぎるのも怪しいです。

隠し事があればあるほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。

目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもすぐ判別がつきます。
配偶者の浮気にピタリととどめを指すには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料をもとめるのが驚くほど効果があるそうです。

不倫の相手のほうでは後先のことまで考えが及んでいないケースも多いですから、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、彼らがやったことの反省を促すのです。

パートナーがすごく用心深い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは無理というものです。

ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにか変らず、話を進展させるうえで役に立つでしょう。浮気相手がいることが分かったら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。

ある程度、費用は必要ですが、浮気相手と出かけているときの写真等、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。

探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは浮気調査で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、証拠をあげられないというケースもないりゆうではなく、しごとを発注する探偵社のクチコミ等を先に調べておくことはとても大切なことです。あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消するのも結果に大きく影響してくると思います。

これから配偶者の浮気について、探偵に調べてもらう際は、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。

ただ、誹謗するりゆうではありませんが、極端に安いときは、気をつけた方がいいです。

安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っているパターンもあるりゆうですから、お金を払って依頼するなら、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、しっかり確認しておきましょう。

不倫・浮気の慰謝料請求は時効が

浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというりゆうではありません。

誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、でなければ不倫行為から20年が期限となっているのです。もし時効まで時間がないときには慰謝料請求訴訟を起こせば、時効はなくなります。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。

時間がなければ訴訟するのも考えに入れましょう。探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとからオプション料金が発生することがあります。ただ、普通は契約書に、オプション発生時の条件が書かれています。

ですから、それをチェックしなければいけません。説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約書にサインする前にしっかり確認するのも大切です。

依頼をうけた探偵社が実際に探偵の尾行をする際は、映画やドラマの探偵のような手法で対象を調べることだってあるのです。

相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。対象の行動半径や関係者を洗い出し、時にはそれらの人立ちに聞き取りをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。

業者によっては、社外の人間には公表されていない調査手法などもあるのは事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました