予算にあった浮気調査ができる!

依頼したほうがいい優良探偵

予算に合わせた浮気調査ができる!
依頼したほうがいい優良探偵

興信所や探偵社の浮気調査で、完全「成功報酬制」の支払い方法を採用して

浮気調査の「成功報酬制」のメリット・デメリット

興信所や探偵社で行う浮気調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてなんだかとても「得」に見えますよね。これはメリット。

ただ、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査期間が長引くことが予想される際はお断りというパターンもあるので、これはデメリット。

探偵業者を使って浮気調査をするなら、平均的な料金は知っておくべきでしょう。

相場がないような探偵業界ですが、浮気調査の成功報酬制のメリットとデメリットをしっておかないと、後で高額な費用を請求されることもあります(少なくない。。。)

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者だってないわけではありませんから注意が必要です。

 

さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることも多いみたいですから注意が必要です。

格安料金での浮気調査の広告に注意!

 

また、安価な価格設定で顧客を誘い、追跡調査時の経費や機器代など、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、あらかじめ料金については、しっかり確認させてもらうようにしましょう。

過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。

ただ、最近はインターネットがあることですし、調査内容の信頼度や請求などについてもブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。

お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、ただ高いだけのところに依頼したってしょうがないので、費用と実績がうまく合致したところを見つけ出すしかないのです。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、慰謝料の請求や離婚訴訟などではおそらく不利になると思います。

不倫相手と結婚したって、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが経費を含む料金の総額だと思います。

コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって増減します。

行動調査(不倫など)の場合でしたら、1時間の調査だったとして、一般的には2万円台と考えておくとよいでしょう。

相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。

GPSの浮気調査で成功報酬?

 

このごろは技術が進み、GPSの衛星測位システムを使って浮気を簡単に見つけられるようになりました。

気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使用させることにより、ほぼリアルタイムで位置情報が判断できます。

非合法な方法ではありませんし、独力で浮気を発見するにはこれとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人情報をできるかぎり知られたくないというのは人として正しい反応だと思います。

依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報はなくても大丈夫な会社も増えていますから安心してください。
その後、調査を依頼するにはどのような会社でも契約が必要です。ある程度の個人情報が知られることは避けることができません。

まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。
ただ、あまり深刻にとらえる必要はないようにも思えます。

 

不倫行為が立証できない証拠では、裁判で不倫が否定?

不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、浮気の証拠があれば何にしても絶対的に有利というものです。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵に相談することを推奨します。

パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは不本意ですよね。
ですから、裏付け調査を探偵に依頼することをおすすめします。

浮気を証明する写真といったらやはり、二人一緒にラブホテルなどに出入りするところなどは定番中の定番といえます。

もちろんシロウトでも撮影はできますが、肝心の画像が上手にとれない場合が多いようです。

裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影したいのであれば、探偵に依頼するにこしたことはありません。浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。実際、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。

女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、出会いのチャンスはたくさんありますし、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。

近頃は女性の浮気が増えているのか、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が以前ほど珍しいものではなくなってきました。不倫していたことが問題になって離婚するときに揉めて、ついに家庭裁判所のお世話になるケースは少なくありません。

とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて離婚のための意見調整を行うため、当事者のみではもつれがちなことでも、ソフトな雰囲気の中で話が進行するというメリットがあります。

普段どおりのあなたのままで大丈旦那です。自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、調査相手の居住地に近い業者をあたってみると良いでしょう。地域のことをよく知っていれば、詳細な調査ができますし、報告の精度が増します。

成功報酬制の探偵には「なにが成功」かを確認すること

それに依頼する内容や諸条件によって向き不向きもあるようですし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。そのような方の心理カウンセリングを行う機関があります。

専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。

最も身近な人物に欺かれていたために、パートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。

もし離婚せず、旦那婦関係の修復をはかる際も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。

一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。あながち嘘ではないでしょう。

どう言い繕ったところで自分の幸福のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、うまく結婚したところで、自分たちの事情が知られた時点で最後だろうなと覚悟して生きていかなければいけないでしょう。

スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。
私たち夫婦の身近な人間なのかなと、ケータイチェックを試みたものの、なんと、ロックしてあって、何も得ることができませんでした。

かくなる上は探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、最初の一歩を踏み出せないでいます。

総合探偵・興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、どんな目的でどのような調査をしてほしいかきちんと話し合っておく事が非常に大事です。

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などを区別して、伝えておく必要があります。

どこに主眼を置くかにより探偵の調査内容に違いが出てくるわけですから、大事なことです。
探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。

広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。規模の大きなところは探偵や内勤職員の教育やステップアップにも意欲的で、そうしたところが調査報告書にフィードバックされてくるわけです。

いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。
探偵はそれを仕事にしているのですから、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。

でも、「探偵を雇った」という事実で緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。調査完了日までは少なくとも、普段と変わらないようにしてください。
探偵と総合探偵・興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば名前だけです。

調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
もし依頼するのが浮気調査などであれば、同じと考えて問題はないということです。

ただ、ある程度の得意分野だのは事業者ごとに特徴があるため、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。不倫の行動追跡調査で、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。

探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。2000年代中頃にこの法律が制定される前は、総合探偵・興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などのトラブル発生抑止のため策定されたのです。

依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で調査をすることも、ないわけではありません。

行動追尾や張り込みは言うまでもなく、対象の行動半径や関係者を洗い出し、場合によっては周囲に聞き込みなども行うことがあります。また、社外秘ということで依頼者にも開示しない調べ方が存在するらしいです。

尾行で探偵必携の道具というと、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧発信機の時代に比べると追跡性能が向上しました。

いまどきのGPSの精度はとても高く、よほど電波の届きにくいところでなければ相手車両の発見は容易になりました。
そんなGPSを設置できれば、追尾調査の精確性は大いに向上します。

探偵社で働くには特別な資格は必要としません。
その代わり、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、慣熟したスキルというものが必要です。まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。

しかし一部の業者では1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともあると聞きますので、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。

支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員に調査に入ってもらうことこそ、成果につながるのは言うまでもありません。総合探偵・興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、そうでもないです。

全国展開している大手などでは以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。
明細書に記載される表示に配慮しているところも多いので、探偵を頼んだことがばれるおそれがないのが嬉しいですね。

支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、それだけ信頼性も高いということです。

探偵を雇うには、探偵会社に依頼するのが現実的ですし、効率も良いでしょう。代金に見合った仕事をしてもらうためには、少し手間をかけても複数の会社を比較することを強くおすすめします。少なくとも標準的な料金は知識をつけておきましょう。

高額な請求をしてくる悪どい会社にはまらないようにするためには必要なことです。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。
しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えています。

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に配偶者(夫・妻)の浮気の一部、ないし全てが秘匿されているというのは当然でしょう。

しかもロックをかけているのだったら、不倫の証拠はスマホの中にあると思っていいでしょう。
知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても勇気が要るものです。本名を名乗るのが不安なら、匿名での問い合わせや相談に応じているところも多いですから、とりあえずそこで相談し、良さそうな事業者であれば、あらためて個人情報を伝えることもできるのです。

だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。それは、人それぞれというほかないでしょう。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、二人だけで出かけたら浮気扱いする人もいますからね。

ちなみに法律の上では、肉体関係があれば精神的にはどうであれ不貞となるのですが、順風満帆な結婚生活を続けたければ、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えたほうがいいです。

総合探偵・興信所が作成する調査報告書は、特にフォームに決まりはありません。とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときにの使用が前提なら、証拠として採用されるには、良質な情報を備えた報告書でないと意味がなくなってしまいます。

自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、業者を選定すると良いでしょう。
もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気持ちを静めて冷静になることを優先しましょう。

どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、離婚だの慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。
夫婦で話し合う時間を確保し、今後のことについて相談することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました