最安値宣言!

HAL探偵社

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、浮気の素行調査で

最安値宣言!
HAL探偵社

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、浮気の素行調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、相応の経験とカンが必要です。

その上、突発的な事態に対し、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、頼む・雇う者に不利益をもたらしかねませんので、徹底的に注意を重ねるのは言うまでもありません。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけだと言えます。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。

もし依頼するのが浮気の素行調査などであれば、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。

もっともジャンルごとの得手、不得手は、おのおのの会社で違ってくるので、契約前に把握しておきたいものです。旦那・夫の浮気って、嫁・妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。

相手に望むことがあっても、我の強い嫁・妻と思われないよう、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。

男性の自尊心を優先し、身仕舞いに気をつけ、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、家庭内も円満で浮気される心配もないと考えているのですが、甘いですか?全国展開している大手業者であっても、絶対的に優秀だとは言い切れませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが間違いが少ないです。

中小にも良い会社はあるはずですが、中にはろくすっぽ仕事もしないくせに見積りと全然違う料金を請求してきたり、料金が不明確だったりする会社もあります。そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。

パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝料が必要になることがあります。

婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。

浮気の証拠を提示されてしまえば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。慰謝料として要求される金額は、2ケタ万円から3ケタ万円とかなりの違いがあります。

その額で難しいときは、額を減らしてもらうよう交渉するのも悪くないかもしれません。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。話をしに行っただけで料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は危ないと思ってよいでしょう。

帰宅したあとに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは劣悪な業者とみて間違いありません。普通の営業をしている探偵業者なら、依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。

興信所に持ち込まれる案件の多くは、浮気の追跡調査です。

とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをおさらいしてみましょう。標準的な不倫調査としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、調査対象の追尾を行います。対象に気づかれては元も子もないので、浮気しそうな日を絞って相手の浮気の証拠を抑えるのです。

今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、初犯じゃなかったんです。私と結婚する前から、幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。

くやしいですが、知る気力も起きないのが現実です。浮気性って言うじゃないですか。

それにしても限度があると思うんですよ。

許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がありませんし、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。

たとえ不倫調査という正当な理由があっても、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、発注者に情報提供する探偵の仕事というのは悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。

探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。探偵業法が2007年に施行される以前は、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、不当な行為を働く業者によるトラブルを防止するために策定されたのです。スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、そこでポロリと不倫が発覚した場合も増えているのです。夫・妻(配偶者)が以前に比べ頻繁にSNSをチェックしたり、こそこそ更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると疑ったほうがいいかもしれません。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫をしているかどうかの判断材料とも言えます。

どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を頼む・雇うする人にとってその料金は、気にするなというほうが無理でしょう。

探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、見積もりなしに契約することはないので安心です。

強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、むこうの事務所の代わりに、表通りにある喫茶店など人の多いところで相談すると良いのではないでしょうか。

違法な勧誘を避けることができます。探偵や総合探偵・興信所の調査員になるには特殊な資格は不要です。ただ、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、しっかりとしたスキルが必要です。

そういった教育に配慮がないところでは、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるそうですし、注意が必要です。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロが調査することが結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。

探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで得だと思う人もいるかもしれません。しかし、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、長期間にわたる調査が必要な場合は断るときもあるそうです。

それに、浮気の裏付けがとれたときに思ってもみなかった額を請求されるケースがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。

探偵や興信所といった調査業を始めるときは、取り立てて特殊な資格等は求められません。

ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書を交付してもらって、認可を受けることが開業の大前提となります。

これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、人それぞれというほかないでしょう。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気と言う人も、いないわけではないです。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為になるものの、どちらにせよ、いかにも浮気ととられかねない行動はするべきではないです。探偵を頼んで調査してもらう際は、まずそこの評判を調べるのは欠かせません。

無視できないような悪い評判のある会社では、不当に高い料金を請求してきたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。

一定以上の評価を得ている業者なら、悪質な請求をつきつけられる可能性もないでしょうし、何より、良い仕事をしてくれると思います。

探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては勇気が要るものです。

相談時に本名を告げることに抵抗を覚えるというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる探偵業者も最近は増えましたから、最初に匿名で話をさせてもらい、これなら良さそうだと判断できたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。

探偵を雇って配偶者の浮気の素行調査をしてもらうには、ある程度まとまった資金を要します。

探偵業務にかかる費用は、不倫の調査などで1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいが必要です。費用は頼む・雇う内容や調査期間によって変わりますが、何を依頼するにも概ね5、60万程度と考えておけば充分だと思います。

不倫をやめた原因として最も多く、説得力があるのが、配偶者への暴露です。

とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。結局のところ、その道のプロである探偵に怪しい点を探ってもらう方が、確実性があるというものです。そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、一番近いところにいる人でなければできないことです。相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる根絶しがたい面を持っています。

交際相手とのやりとりが見つかって、たとえその場で平謝りだったとしても、またしても我慢できなくて浮気する危険性もあります。

不審な行動に気づいたら、探偵業者の力を借りて、きっちり不倫の裏付けをとり、決着をつけるべきです。

浮気していたことがわかり、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。

よくあるものとしては、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。

それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴などが不倫行為の裏付けとして認められるケースが増えました。

時々、探偵社で浮気の素行調査を依頼したあと、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。

というのは、最初に出してもらった金額のほかに高額なオプションが付加されたり、途中で契約解除を申し入れると、違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。

料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、新しく業者を見つければいいのです。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。

そのような方の心理カウンセリングを行う機関があります。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。最も身近な人物に欺かれていたために、離婚しても異性に距離を置くようになったり、将来に対して消極的に考えてしまうという相談もしばしば聞かれます。

離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

総合探偵・興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば配偶者の浮気の証拠が欲しいという頼む・雇うで、追尾対象の行動的にシロだったという事例です。しかし日数ではなく、調査能力不足によって結果が得られないといった例もあるでしょうし、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を先に調べておくのが大事です。

あとは、頼む・雇う者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することが結果を左右するのはいうまでもありません。

不倫行為があった場合、慰謝料の支払いを求めることができます。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。ことによると裁判に発展する場合もあるため、そうなれば弁護士に相談し、無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。

探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、会社の規模によるところも大きいです。

全国規模でフランチャイズ展開している会社は、機材や調査手法の刷新に余念がなく、時世に沿った体制づくりを模索しています。

また、大規模な業者では調査にあたるスタッフの指導育成が徹底しており、当然ながら調査面に大きく影響してくるのではないでしょうか。

常に相手が警戒している場合、自力で不倫の証拠を押さえるのは困難でしょう。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、何かと便利に使えるでしょう。これは浮気しているなと気づいたら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。

多少出費はかさみますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。

職場内で不倫が発覚しても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇はできないのが現実です。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、社内の秩序や風紀をみだす畏れという箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、現実的には口頭注意ぐらいで、処罰といえるようなものはなしで済んでいるようです。婚姻中に不貞行為があったために当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、離婚調停にまで発展することもしばしばあります。

裁判所から任命された調停委員が加わったうえで話し合いが行われるため、当人たちだけよりも円滑で現実的な話し合いになる点で頼もしいシステムです。普段どおりのあなたのままで大丈旦那・夫です。不倫する人というのは明るそうに見えても、ウツが多いですね。

その大きな要因は、常時精神的な負担があるということです。

既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、不安やストレスをかかえこみやすくなり、やがて精神面や体の不調として出てきます。

そして、裏切られた配偶者もまた、不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました