最安値宣言!

HAL探偵社

依頼するのはやめたほうがいい探偵もお客様あっての商売で

最安値宣言!
HAL探偵社

依頼するのはやめたほうがいい探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、格安価格を売り物にしたり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増加する傾向にあります。

とはいえ、オプションがついたりすることもあるので、正式に契約してしまう前にそういった疑問点を解消し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう注意しましょう。

一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、無線発信機が全盛だったころもありますが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど対象車両の追跡に効果を発揮しています。

近頃のGPSは精度も高くなっていて、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

これさえガッチリとつけることができれば、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。ふつうの金銭感覚でいうと、不倫調査で依頼するのはやめたほうがいい探偵を利用するコストは高いように感じることがほとんどでしょう。でも、安さ重視で業者を選んでも、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、時間とお金の無駄遣いですよね。

大事なのは調査の能力の高さですが、料金が高いほど、調査能力が高いかというと、それは一概に決めかねるところがあります。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは分が悪いでしょう。

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することがあるからです。

そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。

誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを防ぐために、調査で証拠を確保するほうがいいでしょう。もしパートナーの浮気が発覚した際は、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、平常心を取り戻すようにしてください。

いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚だの慰謝料という問題も考えなければなりません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、以後どうするか、きちんと話を詰めておきましょう。

どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺のようなタチの悪い会社が存在するので、依頼するなら事前に情報を集め、堅実な会社に依頼すべきです。

また、不倫の追跡調査等でも、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、納得いくまで説明を聞いてから契約するようにしましょう。

探偵社に不倫調査を依頼する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤと思う人はけして少なくありません。

相談して仮見積りを出すところまでは詳細な個人情報は不要という会社も多いですし、まず聞いてみることが大事です。

その後、調査を依頼するには具体的な契約を交わすわけですから、必要最低限の個人情報の提供は避けることができません。

私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。

先週末に突然、まさかの不倫発覚。妻はしれっとしたもんで、謝罪の言葉もなにもありませんでした。

このままやっていく自信がありません。

妻から傷つけられるとは思いませんでした。謝罪がなければ、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる始末の悪いもののようです。

浮気現場を押さえられて、一応反省はするものの、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている可能性だってないわけではありません。

思い当たるフシがあれば、依頼するのはやめたほうがいい探偵業者の力を借りて、きっちり不倫の裏付けをとり、決着をつけてもらいましょう。

参りました。うちの旦那さんの浮気って、今回が初めてというわけではないようです。入籍する前から浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。

本能なんでしょうか。まさか、ですよね。

一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす価値すらないような気がして、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。あながち嘘ではないでしょう。

もともと我が身のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、うまく結婚したところで、自分たちの事情がいつかはばれるのではと怯えてやっていくのですから疲れるでしょう。

不倫経験者なんかと結婚しても、いつまた不倫に発展するかと思うとストレスは相当なものでしょう。

夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、双方の親も交えて話し合い、いよいよ離婚という運びになりました。

育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていかなければなりません。

夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作ってもらいました。

近頃ではスマホが元で浮気が明るみに出たという事例も増えてきました。

スマホが主流となっている今、メールやLINEなどにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えられます。しかもロックをかけているのだったら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思っていいでしょう。良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、地域の専門性で選ぶのも手です。

相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限って探してみると良いでしょう。

細かな土地勘があればあるほど、仕事を有利に進められますし、報告の精度が増します。調査内容いかんでは専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、オフィシャルサイトや電話で話をして確認しましょう。不倫された事実に気づいたときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。

しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、これからどう対処していくか考えなければいけません。

だいたい不倫行為は、やったほうが悪いのです。精神面では慰めにならないかもしれませんが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、請求しましょう。

探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、書式は一定ではないようです。

ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの利用を考えているなら、やはり証拠として認められるよう、要点を踏まえた質の高い報告書である必要があります。

そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、探偵社を選ぶようにすると良いでしょう。世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性だって浮気するじゃありませんか。同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出会いのチャンスはたくさんありますし、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。そんなわけで浮気に抵抗感のない女性が伸びてきているせいか、男性が興信所に尾行と浮気調査を依頼するケースがあとを絶ちません。

依頼するのはやめたほうがいい探偵がしている仕事(行動)として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。

対象にそれと悟られないよう行動を追い、依頼された証拠を得るまで調査するのです。

調査していることがバレることはほとんどありませんが、調査員は対象の動きを想定しておかねばなりません。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。

社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。

しかし、もしバレても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり仕事を辞めさせることはできません。

ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、社内の秩序や風紀をみだす畏れというところに抵触すれば解雇もないわけではありません。実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、厳しいお咎めはなしで済んでしまうことのほうが多いでしょう。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。

話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、ちょっと手間でも何社かで調査費用の見積りを出してもらうのをおすすめします。

また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、効率良く調査できるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。一例をあげると、パートナーの不倫の追尾調査で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

しかし、調査が未熟なことで証拠をあげられないというケースもないわけではなく、興信所や探偵会社のクチコミをあらかじめチェックしておくことはとても大事なことです。それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。

配偶者の不倫を疑い、依頼するのはやめたほうがいい探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、そんなに珍しいものではありません。

物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。

ただ、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは非常に難しいです。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、依頼するのはやめたほうがいい探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。浮気の事実が判明し、離婚調停や裁判ということになれば、浮気していたという証拠がなければいけません。

たとえば、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSなどが不倫行為の裏付けとして認められるケースがあります。

主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。それは、相手を否定しないこととかですね。

要望やお願いはいっぱいありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。

男性の自尊心を優先し、妻らしく容姿外見にも気をつけて、女らしいふるまいを心がければ心が離れることもなく、浮気もないと考えています。不倫相手の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくるのは覚悟しておかなければなりません。普通、慰謝料で請求される金額は、先方が離婚するかどうかで差があります。離婚もしていないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。

不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加で料金を請求されたという事例もあります。その時は、まず契約書を確認しましょう。そこには別途料金を請求することについて記載されています。

したがって契約書にはよく目を通して理解しておかなければいけません。また、不明なことがあるのなら、きちんと契約前に確認しておくのも大事です。

結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の心理カウンセリングを行う機関があります。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。浮気によって別れたあとも人間不信を引きずってしまい、人生に希望を見いだせなくなるという例も多いです。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。

浮気が露見した結果、離婚されたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになる場合も当然あるでしょう。

また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりすることだってあります。

やっとの思いでゴタゴタを片付けても、不倫でハッピーエンドになることはあるわけがないのです。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求はできます。

一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、手続きとしては最重要なものだと思います。不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。

子供なんて出来てしまったら大変ですから、浮気をやめてもらわなければいずれ大きな金銭的負担を被る危険性があります。

性別にかかわらず不倫している人は、ウツが多いですね。理由は、メンタル面での負担が大きいことでしょう。

交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを心の中に抱えることが多くなり、症状として出てくるのです。

そして、裏切られた配偶者もまた、情緒不安定や不眠などの症状が見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました